クランベリーを配合したものを食事として与える

多くの家で猫や犬を飼っています。またペットフードにも数多くの種類があります。犬と違って猫は基本的に毎日飼い主と一緒に散歩にはいきません。時々ひもを付けて庭で遊ばせている人もいます。しかし猫もまったく運動をしなくていいというわけではありません。また、猫に与える食べ物にも十分注意をしてければ、病気を発症してしまうこともありますので、ペットフードの購入にはさまざまなものを検討して、どれが一番自分の猫に合っているのかを考えましょう。種類が多く、さまざまな配合をしているペットフードですが、中でもクランベリーを配合したキャットフードは多くの人が猫に与えています。
子猫

クランベリーには、尿をアルカリ性から酸性に保つ働きをもつ成分が入っていますので、猫が多くかかりやすい尿結石や膀胱炎などにかかりづらくなります。結石ができることで、膀胱が傷ついてしまうこともありますので、細心の注意が必要です。

猫に与えるものに関しては、食品基準がとくに厳しいというわけではありませんので、フードの中には粗悪品もあります。クランベリーを配合したキャットフードを利用することで、病気を防ぐ効果もありますので、是非飼い主の方は利用してみましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ビタミンなどの成分が豊富である

クランベリーを配合したキャットフードには、ビタミンCがとても豊富に含まれています。このことも特徴の一つと言えます。ビタミンCを多く含むことでは、傷が治りやすくなります。猫は体にかゆみを感じると爪でひっかきます、かゆみがあまりにも強い場合には傷が出来てしまうほどにかいてしまいます。猫の中には皮膚を傷つけてしまい出血してしまうこともあります。

クランベリーを配合したキャットフードにはビタミンCが多く含まれていることで、傷の治りがとても早くなりますしクランベリーを配合したキャットフードの他の特徴として抗酸化作用もあります。このようにクランベリーには、たくさんのメリットが豊富にありますので、クランベリーを配合したキャットフードは猫にとっては良いことだらけとなります。

さらに免疫力を向上させることや、その他の病気にかかりづらくなります。また、猫も人間と同様、風邪をひくことがありますのでその時の回復もよくなります。クランベリーを配合したキャットフードを毎日の食事として与えることで、免疫力を高め健康的な生活を猫ができるようになりますし、ビタミンCの効果で、血液も健康な状態に保つことができます。クランベリーには、さまざまな特徴があります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

どうしてクランベリー配合なのか

キャットフードには、キナ酸という成分が含まれていて、これはクランベリーが持つ成分となります。この成分が尿がアルカリ性になることを防ぎ、酸性に保ちます。アルカリ性になってしまうことで膀胱炎を引き起こすこともありますし、尿管結石になってしまう場合もあります。

一度猫がこれらの病気を発症してしまうと、獣医師からの結石軽減薬も処方してもらえますが、完治することがなかなか難しくなってしまいます。毎日の生活の中で、少しずつ様子を見ながら動物病院へと通い治療をしていくことになりますので、飼い主にも猫にとってもかなりの負担となってしまいます。

このような事態になる前に、クランベリーを配合したキャットフードで予防対策をしている飼い主の人もたくさんいます。クランベリーを配合したキャットフードには尿結石をなどを防ぐだけではなく、口臭を防ぐ働きをする効果もあるのが特徴となりますので、猫の口臭が気になる前に利用するほか、気になりだしたらクランベリーを配合したキャットフードへ切り替えて与えるようにしていくことで、徐々に口臭も気にならなくなります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

クランベリーを配合したキャットフード

クランベリーを配合したキャットフードがあります。猫の病気で一番多いものと、かかりやすい病気と言われているのが、尿路結石という病気です。この病気は、尿がアルカリ性になってくるとかかりやすくなります。そして膀胱炎や結石ができてしまうことで、膀胱を傷つけてしまいます。このことが原因で尿毒症を起こしてしまうことや他の支障が出てきてしまいます。

クランベリーを配合したキャットフードには、クランベリーが持つキナ酸が含まれていますので、この成分が尿を酸性に保つ役割を果たします。クランベリーを配合したキャットフードを毎日の食事として、猫に与えることで尿管結石や膀胱炎を防ぐことができます。クランベリーを配合したキャットフードでも、使われている原材料の半分以上がとても新鮮なお肉をつかっているものもありますし、肉食の猫に対してはまったく問題ない成分配合となっています。

高品質のものも数多くありますので、膀胱炎予防としてクランベリーを配合したキャットフードをいくつか見比べて与えるようにしましょう。お肉に関しても、チキンをおおくつかっている中にクランベリーを配合させているものもありますし、穀物類も同時に配合しているものもありあす。アルカリ性から酸性へと保つ働きをするクランべリーを含んだフードを猫に毎日与えることで、膀胱炎などの病気を事前に防ぐことができます。クランベリーを配合したキャットフードは、値段が少し高いものとなりますが、猫のためには良い食品です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket