クランベリーを配合したキャットフード

クランベリーを配合したキャットフードがあります。猫の病気で一番多いものと、かかりやすい病気と言われているのが、尿路結石という病気です。この病気は、尿がアルカリ性になってくるとかかりやすくなります。そして膀胱炎や結石ができてしまうことで、膀胱を傷つけてしまいます。このことが原因で尿毒症を起こしてしまうことや他の支障が出てきてしまいます。

クランベリーを配合したキャットフードには、クランベリーが持つキナ酸が含まれていますので、この成分が尿を酸性に保つ役割を果たします。クランベリーを配合したキャットフードを毎日の食事として、猫に与えることで尿管結石や膀胱炎を防ぐことができます。クランベリーを配合したキャットフードでも、使われている原材料の半分以上がとても新鮮なお肉をつかっているものもありますし、肉食の猫に対してはまったく問題ない成分配合となっています。

高品質のものも数多くありますので、膀胱炎予防としてクランベリーを配合したキャットフードをいくつか見比べて与えるようにしましょう。お肉に関しても、チキンをおおくつかっている中にクランベリーを配合させているものもありますし、穀物類も同時に配合しているものもありあす。アルカリ性から酸性へと保つ働きをするクランべリーを含んだフードを猫に毎日与えることで、膀胱炎などの病気を事前に防ぐことができます。クランベリーを配合したキャットフードは、値段が少し高いものとなりますが、猫のためには良い食品です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket