クランベリーを配合したものを食事として与える

多くの家で猫や犬を飼っています。またペットフードにも数多くの種類があります。犬と違って猫は基本的に毎日飼い主と一緒に散歩にはいきません。時々ひもを付けて庭で遊ばせている人もいます。しかし猫もまったく運動をしなくていいというわけではありません。また、猫に与える食べ物にも十分注意をしてければ、病気を発症してしまうこともありますので、ペットフードの購入にはさまざまなものを検討して、どれが一番自分の猫に合っているのかを考えましょう。種類が多く、さまざまな配合をしているペットフードですが、中でもクランベリーを配合したキャットフードは多くの人が猫に与えています。
子猫

クランベリーには、尿をアルカリ性から酸性に保つ働きをもつ成分が入っていますので、猫が多くかかりやすい尿結石や膀胱炎などにかかりづらくなります。結石ができることで、膀胱が傷ついてしまうこともありますので、細心の注意が必要です。

猫に与えるものに関しては、食品基準がとくに厳しいというわけではありませんので、フードの中には粗悪品もあります。クランベリーを配合したキャットフードを利用することで、病気を防ぐ効果もありますので、是非飼い主の方は利用してみましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket